Microsoft Office Mobileとは

Officeのモバイル版「Office Mobile」を無料でで使うことができます。

こんな人に向けて記事です。

  • Officeをもっていないけど、Officeをみたい、編集したい
  • 無料でOfficeを使いたい
  • Officeのモバイルを使ってみたい

Officeは基本的には有料ですが、無料で使えるモバイル版もあります。

今回は、Officeのモバイル「Office Mobile」を無料で使う方法を紹介します!

Office Mobileとは

Office Mobileとはタブレットやスマホなど画面サイズの小さい端末向けに最適化されたマイクロソフトOfficeです。

その名の通り、iPad / iPhone / Androidなどのモバイル端末だけでなく、Windows(10以降)でも使えます。

Office Mobile デスクトップ版Office Office Online
iPad / iPhone
Android
Windows
Mac
Chromebook サポート終了 ×

ちょっとややこしいのがWindowsではOffice Mobileとデスクトップ版Officeの両方が利用可能な点です。

WindowsのストアアプリからOffice Mobileをインストールできます。

ただし、デスクトップ版OfficeがインストールされているとストアアプリにOffice Mobileは表示されません。

つまり、Office Mobileはデスクトップ版Officeとは共存できません。

通常のマイクロソフトOfficeが使えるWindowsでOffice Mobileが使えることにどんな意味があるのでしょうか。

たしかにスマホでもパソコンでも同じOffice Mobileが使えるのは技術的にはすごいとは思います。

しかしですよ、Windowsから通常のOfficeをアンインストールしてまでOffice Mobileを使いたがる人っているのでしょうか。

Chromebookのサポートは終了

昔はChromebookでもOffice Mobileが使えていたのですが、2021年9月にChromebookのサポートは終了しました。

それによってChromebookで使用可能なOfficeはOffice Onlineだけになっています。

Chromebook(クロームブック)でOffice(オフィス)を使う
3種類のマイクロソフトOffice ChromeブラウザでOffice Onlineを使う 商用利用には法人ライセンスが必要 Officeスクリプトは法人ライセンスか教育機関ライセンスが必要 ChromebookからWindows経由でデスクトップ版Officeを使う
Office Online (オフィスオンライン)
紛らわしい名称 無料利用の制限 ChromebookやLinuxでも使える iPadやAndroidでは使えない 機能の制約 起動方法

Office Mobileだけの機能もある

Office Mobileは基本的にはデスクトップ版Officeのサブセットなのですが、デスクトップ版にはなくてOffice Mobileだけの機能もあります。

  • カメラで撮影した表からExcelファイルを作成する
  • カメラで撮影した文章からWordファイルを作成する
  • PDFファイルに指で図形や文字を書き込む
  • QRコードを撮影してファイルを開く

ライセンスはMicrosoft 365に含まれる

Office Mobileを使うためのライセンスはMicrosoft 365に含まれます。

Microsoft 365とはサブスクリプションのマイクロソフトOfficeです。

サブスクリプションとは年間(または月間)料金を支払ってOfficeを使う契約です。

サブスクリプションに対し、Office 2019など製品名に西暦4桁の数字を含む買い切りのOfficeは永続ライセンスと呼ばれます。

Microsoft 365は法人向けや教育機関向けなどいつかの種類がありますが、一般向けはMicrosoft 365 Personalです。

【2,424円お得】Microsoft 365 Personal 年間プラン
月間プランより毎年2,424円節約できる年間プラン
Word / Excel / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher
Windows / macOS / iOS / Android対応
Microsoft 365 Personal (Office365 Solo)は必要か
Microsoft 365 Personalとは Microsoft 365 Personalと永続ライセンス版Officeの比較 Microsoft 365 Personalのお買い得セット

Microsoft 365はMicrosoftアカウントに紐付けられる

Microsoft 365のライセンスはOffice MobileのExcelやWordにMicrosoftアカウントでサインインすることで確認されます。

Microsoft 365のライセンスはMicrosoftアカウントに紐づくためです。

Microsoft 365のライセンスなしで使える条件

Microsoft 365のライセンスと紐付いていないMicrosoftアカウントでも以下のすべての条件に該当すればOffice Mobileの機能の一部を使うことができます。

  • 非商用利用
  • 10.1インチ以下の端末
  • 機能制限
パワーポイントやエクセルを無料で使う
無料版のOffice Office Online Office 365 A1 Office Mobile 無料で使えるデスクトップ版Officeはない

非商用利用

Microsoft 365なしにOffice Mobileを商用利用することはできません。

商用利用とは仕事に使うことです。

例えばMicrosoft 365なしに会社のExcelファイル(会社ですから商用のファイルです)をOffice Mobileで編集することはライセンス違反です。

Officeの商用利用とは
マイクロソフトOfficeの商用利用権 学生、教育機関向けのOfficeは商用利用できない 無料利用では商用利用できない製品 無料版OneNoteは商用利用できない マイ…

10.1インチ以下の端末

Office Mobileを使う端末の画面サイズが10.1インチを超える場合、Office文書の閲覧はできるのですが編集はできません。

つまり事実上、Microsoft 365なしにOffice Mobileを非商用利用できるのは画面サイズが10.1インチ以下の端末ということになります。

機能制限

非商用利用で10.1以下の端末であってもMicrosoft 365なしでは一部の編集機能が使えません。

10.1インチ以下の端末で無料使える「Office Mobile」を使用方法

iPadやiPhoneでOffice(ワードやエクセル)を使う
フル機能のOfficeを使う方法もある これからiPadを購入するなら Office Mobileのインストール Microsoftアカウントの準備 Microsoft 365 商用利用する フル機能を利用する 10.1インチを超える端末で編集する Bluetoothキーボードがあるとはかどる。

WordをPDFとして保存する手順

Word for iPhoneを開いて、[ファイル][エクスポート][PDF (*.pdf)]の順に選択します。

画面の右上の(ファイル)をタップします。

Wordをpdfとして保存する手順

[エクスポート]を選択します。

[PDF (*.pdf)]を選択します。

[pdf (*.pdf)]を選択します。

保存先やファイル名を指定して[エクスポート]を選択します。

PDFをエクスポートが始まります。

処理完了すると、PDFフアイルに保存されます。

OneDriveアプリでファイルが保存された、PDFフアイルを確認できます。