Office Premium

Office Premiumとは

Office Premiumとは2014年末頃からパソコン(PC)にプレインストールされていたマイクロソフトOfficeです。

しかし、2018年春頃からOffice Premiumではなく、プレインストール版Office 2016に置き換わり、2018年12月からはさらにOffice 2019に置き換わりました。

スポンサーリンク

Office Premiumとプレインストール版Office 2016の違い

Office Premium プレインストール版
Office 2016
Officeバージョン 常に最新 2016固定
Office 365サービス 6,264円/年
(最初の1年は無料)
使用制限 プリインストールされたPCでしか使えない

Office Premiumは常に最新

プレインストール版のOffice 2016のバージョンはその名の通り2016固定です。

Office 2016がプレインストールされたパソコンで新しいバージョンが使いたければ、お金を出してサブスクリプションのMicrosoft 365 Personal(当時は旧称のOffice 365 Soloでした)を契約するか、永続ライセンスのOffice 2019を購入する必要があります。

それに対して、Office PremiumのOfficeは常に最新に更新されます。

Office PremiumはOffice 365サービスが使える

Office Premiumは以下のOffice 365サービスを使うことができます。

  • OneDriveの容量を1TBに増量
  • iOS / Android版Officeの商用利用権
  • 60分/月のSkype無料通話

同様のサービスはMicrosoft 365 Personalにも含まれています。

Microsoft 365 Personalが12,984円/年なのに対し、Office 365サービスなら6,264円/年で使うことができるうえ、最初の1年間は無料です。

つまり、Microsoft 365 PersonalのOfficeアプリ部分のライセンスを買い切り(プレインストール)にしたのがOffice Premiumといった感じです。

Office Premium Microsoft 365 Personal
ライセンス Officeアプリ 買い切り サブスクリプション
Office 365サービス サブスクリプション
年間使用料 Officeアプリ 無し 12,744/年
Office 365サービス 6,264円/年
(1年目無料)
Officeアプリの使用制限 プレインストールされた
PC1台のみ
PC/Mac 無制限
(ログインは5台まで)

パソコン1台でOffice 365サービスを使うのであれば、Microsoft 365 PersonalよりOffice Premiumのほうがお得だったのです。

【2,424円お得】Microsoft 365 Personal 年間プラン
月間プランより毎年2,424円節約できる年間プラン
Word / Excel / PowerPoint / Outlook / Access / Publisher
Windows / macOS / iOS / Android対応
Microsoft 365 Personal (Office365 Solo)は必要か
Microsoft 365 Personalとは Microsoft 365 Personalと永続ライセンス版Officeの比較 Microsoft 365 Personalのお買い得セット
スポンサーリンク

他のPCで使えない点は同じ

Office Premiumもプレインストール版Office 2016もプレインストールされたPCでのみ使用でき、別のPCにインストールすることはできませんでした。

もし、プレインストールされたPCが壊れてしまうとOfficeを使う権利はなくなりました。

Office Premiumの何がダメだったのか?

Office Premiumなら常に最新のOfficeが使え、Office 365サービスも使える。

それならプレインストール版Office 2016より、Office Premiumのほうが明らかに優れていました。

しかし冒頭で述べたとおり、Office Premiumはプレインストール版Office 2016に置き換わってしまいました。

その理由はおそらくOffice Premiumの「わかりづらさ」ではないでしょうか。

  1. Officeアプリは(Microsoft 365 Personalのように)毎年の料金を払っていないのに常に最新のOfficeに更新される。
  2. Mi 365サービスは2年目以降、料金を払わないと使えなくなる。

1番目はユーザーにとって損はないので文句を言う人はいないでしょう。

しかし、2番目についてはよく理解しないままOffice 365サービスを使いはじめ、2年目からは有料だとわかった時に怒った人もいたかもしれません。

また、そもそも365サービスが不要であればOffice 365サービスやMicrosoft 365などのサブスクリプションより永続ライセンスのほうがお得です。

永続ライセンスのOffice2021
永続ライセンスのメリット 対応OS サポート期限 32bit版も引き続きサポート 新機能 WordやExcelの単体購入も可能 Officeスイートの価格 アカデミック版 Offic…

Microsoft Office

Posted by Aoyama