cinezonefree movies websitelookmoviemovies free onlineanitakuwatch free animetv shows onlinelookmoviewatch free animelookmoviewatch series online freelookmoviefree tv shows streaminganitakuwatch movies free onlinecinezonefree movies websitefree animetheflixermovies online freeanitakuwatch anime onlineanixfree online movies sitessflixwatch movies free onlinelookmoviewatch anime onlinelookmoviefree watch moviesanixflixflaremovies free onlinesflix tvfree watch animezorotofree movies onlinesflix tvfree movies websiteflixflarefree movies streamingfree movies websitelookmoviefree anime online

macOS 14 SonomaユーザーがOffice 2021を使う際の注意点

Appleの新しいOSアップデートと、それに伴うMicrosoft Officeのサポート変更について詳しく解説します。Macユーザーの皆さん、Officeの使用に関して最新情報を手に入れて、トラブルから身を守りましょう!

Appleは定期的に新しいmacOSのバージョンをリリースし、その都度多くのMacユーザーが最新のバージョンへと移行します。その中で、MicrosoftのOfficeアプリを使うユーザーにとって、互換性やサポート対象の変更は重要な情報となるでしょう。

OfficeMacの最新MacOS sonoma

Office 2021とmacOSの最新サポート情報

Appleは9月26日、macOS 14 “Sonoma”を正式リリースした。

macOS Sonoma(読み方:マックオーエス・ソノマ)は、ウィジェットをデスクトップ上に配置可能になった。iOS 17やiPadOS 17と同様にウィジェットはインタラクティブになっており、アプリを開かずにウィジェット内で一部の操作が完結する。

macOS Sonoma がリリースされたことで、Microosft 365 や Office 2021 のサポート対象の macOS も変わってきました。

現在、Microsoft 365 for Mac、Office 2021 for Mac、およびOffice 2019 for Macは、macOSの最新の3つのメジャーバージョンをサポートしています。2023年9月27日の時点で、それはmacOS 14 Sonoma、macOS 13 Ventura、そしてmacOS 12 モントレーとなります。

​これらの情報から、Office 2021 for Macを使用するユーザーの方は次のような対応OSを意識する必要があります:

Office 2021 更新プログラム (16.78) 以降: macOS 14 Sonoma、macOS 13 Ventura、macOS 12 モントレー

Office 2021のインストールと注意点

OfficeMacの最新MacOS sonoma

新しくOffice 2021 for Macをインストールしたい場合、最低でもmacOS 12 モントレー以降が必要となります。もし、これより古いmacOSを使用している場合、セキュリティ更新などの重要なアップデートを受け取ることができません。古いmacOSでOfficeを使用し続けることはリスクがあるため、可能であればmacOSのアップデートを検討しましょう。

Office home & business 2021 mac対応の価格、お得な買い方

しかし、すぐに新しいmacやOSへの移行が難しいユーザーもいるでしょう。そのような場合には、過去の安定したOfficeのバージョンを利用するという方法も考えられます。

それにもかかわらず、AppleやMicrosoftからのサポートが終了したOSやアプリケーションを使用することは、セキュリティ上のリスクが伴います。定期的なOSのアップデートやアプリケーションの最新バージョンへの移行は、トラブルを未然に防ぐための良い習慣と言えるでしょう。