Office 2021とOffice 2019の違いは何ですか?

2021年10月に入り Windows 11 がリリースされ賑わいを見せているPC業界ですが、同日、Office 2021(永続ライセンス版)がリリースされました。これは Office 2019の後継版となります。Office 2021 には、共同編集のための新機能、インク ツール、データ型、関数、翻訳および編集ツール、モーション グラフィックス、使いやすい機能など、さまざまな機能が用意されています。

Office 2021とOffice 2019の違い

Office 2021 と 2019 の変更点を、対応OS、サポート期間、アプリケーションの追加、追加された新機能に分けて紹介します。

Office 2021は中小企業向けも認証時にインターネット接続が必要

Office 2019の中小企業(法人)向けは、初回認証時は電話での認証が可能だったため、インターネット接続は必須ではありませんでしたが、Office 2021はオンライン認証のみとなり、インターネット接続が必須となりました。
ライセンスキーは従来同様、マイクロソフト アカウントへは紐づきません。

Windows10・11対応

Windows 向けOffice 2021 と 2019 の対応OSの違いは表のとおりです。

製品名Office 2021Office 2019
Windows 10
Windows 11×

Windows版Office 2021はWindows 10.11対応で、Windows 8もWindows 7もサポートされません 。

Office 2021サポート期間が5年

Office 2021のサポート期限に変更があります。

Office 2019のサポート期間はメインストリームサポート5年 + 延長サポート2年でしたが、マイクロソフト製品のサポートポリシーの変更に伴い、他のマイクロソフト製品と同様にOffice 2021もメインストリームサポート5年のみとなりました。

Office 2019Office 2021
発売日2018/09/242021/10/05
メインストリーム2023/10/102026年
延長サポート2025/10/14なし

含まれるアプリの 変更

最新Office 2021ではOneNoteがが提供されいるため、代わりにneNote for Windows 10(ストアアプリ)版や旧バージョンの「OneNote 2016」使用する必要ありません。

Office 2019Office 2021
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote×
Access
Publisher
Project
Visio

Office 2021 の新機能

最新Office 2021は、Office 365の機能を多数取り入れた仕様となっており、Office 2019と比べて多数の機能が追加されています。共同編集のための新機能、インク ツール、データ型、関数、翻訳および編集ツール、モーション グラフィックスなど、さまざまな機能が追加されています。

Excel 2021 for windows では、動的な配列、XLOOKUP、LET 関数などの新しい Excel 機能を使用して、データを簡単に分析することができます。

Word 2021 for windows では、コンテンツを作成できます。また、Office プレミアム クリエイティブ コンテンツ コレクションの新しいストック メディアや、消しゴム 、ルーラー、なげなわなどの新しい [描画] タブが追加されます。 

PowerPoint 2021 for windows 発表者のビデオ、インク機能で加えた内容、レーザーポインターの挙動を記録可能な「スライドショーの記録」機能を追加。書き込んだインクの内容を時系列で再生・停止可能な「インク ストリーク」機能を追加。

Outlook 2021 for windows 日本語を含む70以上の言語に対応の「翻訳ツール」を追加、メールを任意の場所で検索可能な「クイック検索」を追加、画面を読み上げる「スクリーン リーダー」に、必要に応じて要素を並べ替える機能を追加。

ほかにも、以前の機能の改善や、Microsoft AccessやMicrosoft Visio向けの新機能、逆に廃止された機能もありますので、こちらを調べたい場合はMicrosoftの新機能紹介サイトをご覧ください。

Microsoft公式 Office 2021の新機能ページを見る

Office 2021 の購入方法

販売形式購入方法
オンライン版Microsoft または AmazonなどのWEB販売サイトで購入※ご購入にはクレジットカードなどオンライン決済環境が必要です。
ダウンロード版オンライン ストアでプロダクトキーのみで売っています。
※プロダクトキーを購入すればOfficeを激安利用することができます。
POSAカード版家電量販店店頭での購入、法人顧客は取扱販社での購入可※POSAカード版でお取り扱いしていない製品もあります。

Office 2021は、Microsoft Store 、量販店、コンビニ、オンライン ストア等で購入できます。

ぼくはオンライン ストアで購入していますよ。

安く購入したいなら、Office 2021をオンライン ストアで購入したのがいいと思います!

Office Professional Plus 2021の永久ライセンス  

永久ライセンスのOffice Professional Plus 2021はWindows1台のみで、Word 2021 、Excel 2021、Outlook 2021 、PowerPoint 2021 、OneNote 2021、Publisher 2021、 Access 2021さらに、Teamsを使用できます。

毎年お金を支払う必要がなく、Microsoft社のサポートが切れるまでお使います。

Office Professional Plus 2021