anitakufree watch movies onlineanitakumovies free onlineflixflarefree movie websiteflixhivewatch series online freecinezonemovies free onlineanitakuwatch movies free onlineflixflarefree watch movies onlineflixhivewatch anime freetheflixertvwatch movies online freeanitakutv shows onlinezorotofree online moviesflixerfree movies streamingcinezonefree movie websitetheflixerwatch moviesanitakufree movie websitesflix tvwatch movies free onlinelookmoviewatch movies online freelookmoviemovies free onlineflixflarewatch movies online for freemyflixerwatch free animecinezonewatch tv shows onlineflixflarewatch movies onlinesflixfree animezoroxwatch movies & tv shows onlineanitakufree online movies

Microsoft Office 2021とは?Office 2021とOffice 2019の違いについて!

Microsoft Office 2021は最新バージョンの永続ライセンスです。最新バージョンであるため、前バージョンの Office 2019より改善された新機能があるのは当たり前です。
Microsoft 0ffice 2021がリリースしたのでOffice 2019との違いをわからず、どれを買うの?と悩んでいませんか?

ここでは、Office 2019との違いやOffice2021のエディション情報について紹介していきます。

Office 2021とは

Microsoft Office には、Office 2019やOffice 2016のように永続使用可能な買い切り型と、Office 365のように1か月~1年更新のサブスクリプション型の2種類が存在しています。
買い切り型のOfficeでは同じバージョンのOfficeを使い続けられるのに対し、サブスクリプション型のOfficeでは最新機能がアップデートされていくので、常に最新版のOfficeを使用できるという違いが有ります。
Office 2021は、永続使用可能な買い切り型Officeの最新版となります。

Office 2021とOffice 2019の違い

Office 2021とOffice 2019の主な違いは以下の通りです。

  • サポート期限
  • Office アプリ
  • 追加された新機能

それぞれの違いについて詳しく説明していきます。

サポート期限の違い

Office 2019のサポート期間はメインストリームサポート5年 + 延長サポート2年でしたが、マイクロソフト製品のサポートポリシーの変更に伴い、他のマイクロソフト製品と同様にOffice 2021もメインストリームサポート5年のみとなりました。Office 2021のサポート期限は、2021年10月5日~2026年10月13日まで。

Office 2021のサポート期限は?終了後の対処方法は?

Office アプリ

Office 2019ではOneNoteが付いていませんでした。そのOneNoteがOffice 2021に追加されました。

Office 2019Office 2021
Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote×
Access
Publisher
Project
Visio

追加された新機能

もちろん、Office 2021は最新バージョンでありいくつかの新機能が追加されています。

Office 2021は、2021年10月現在のOffice 365の機能を多数取り入れた仕様となっており、Office 2019と比べて多数の機能が追加されています。
ここでは、Excel、Outlook、PowerPoint、そして各アプリケーション全般に採用された主な新機能を紹介いたします。

Excel

・XLOOKUP関数を追加(VLOOKUP関数の強化版)
・XMATCH関数を追加(MATCH関数の強化版)
・新関数を追加
 動的配列を行う関数「FILTER」「SORT」「SORTBY」「UNIQUE」「SEQUENCE」「RANDARRAY」
 計算結果や値に名前を付けて、他の数式内に格納可能にする「LET」関数

Excel 2021のXLOOKUP関数

Excel 2021のXLOOKUP関数

Outlook

・日本語を含む70以上の言語に対応の「翻訳ツール」を追加
・メールを任意の場所で検索可能な「クイック検索」を追加
・画面を読み上げる「スクリーン リーダー」に、必要に応じて要素を並べ替える機能を追加

PowerPoint

・発表者のビデオ、インク機能で加えた内容、レーザーポインターの挙動を記録可能な「スライドショーの記録」機能を追加
・書き込んだインクの内容を時系列で再生・停止可能な「インク ストリーク」機能を追加

PowerPoint 2021のインク ストリーク機能

PowerPoint 2021のインク ストリーク機能

アプリケーション全般

ここでは、ExcelやWordなど複数のアプリケーションで共通の新機能について紹介します。注目点は、Teamsなどでも実装されているリアルタイム共同編集モードの追加です。離れている間のファイル変更通知など、複数のメンバーによる共同編集が便利になりました。
ほかにも、以前の機能の改善や、Microsoft AccessやMicrosoft Visio向けの新機能、逆に廃止された機能もありますので、こちらを調べたい場合はMicrosoftの新機能紹介サイトをご覧ください。

Microsoft公式 Office 2021の新機能ページを見る

・OneDriveに保存されたファイルのリアルタイム共同編集が可能に
・ファイル内のテキストやコマンド、ヘルプなどを素早く検索可能な「Microsoft Search」の実装
・最新の「オフィス文書のためのオープン文書形式」であるOpenDocument 1.3に対応
・ファイルをOneDriveにアップロードすると、ファイル更新時に自動で保存する機能に対応
・アプリケーションの表示言語に以下の3言語を追加
 イギリス英語(en-gb)
 カナダフランス語(fr-ca)
 メキシコスペイン語(es-mx)

複数メンバーがファイルを同時に編集可能なリアルタイム共同編集機能

複数メンバーがファイルを同時に編集可能なリアルタイム共同編集機能

どれを買う?

Office 2021 の登場により、公式サイトでは、Office 2019を販売していません。

ネットショップで在庫がある場合、Office 2019を入手できます。

Microsoft Office 2019 Pro plus

個人的な意見ですが、値段の差が大きくない場合、やはりOffice 2021のメリットが多いでしょう。

Office 2021は、ExcelにおけるVLOOKUP関数の強化や新たな関数の追加など、より大量のデータの処理が快適になり、PowerPointやOutlookにも新機能の追加、さらにOffice全体のパフォーマンスやメニュー回りの改善など、ユーザビリティの向上も果たしており、より使いやすいオフィススイートになったと言えるでしょう。
最新機能を導入し、買い切り型のOfficeの最新版として様々な部分で進化を遂げているOffice 2021は、Office 365と並んで今後のOffice環境の中心となるに違いありません。

まとめ

いかがでしょうか?

この記事では、Microsoft Office 2021やOffice 2019の違いを簡単に紹介しました。

Office 2019に含まれていなかったOneNoteが追加されました。

価格については、変化がありません。

もちろん、Word、Excelなどに細かい便利な機能が追加されています。

マイクロソフト Office 2021を購入するか、Office 2019を続いて利用するか迷っている方の助けになれば幸いです。