lookmoviefree anime onlinecinezonefree anime onlinewatch animetheflixertvwatch anime freecinezonewatch tv showslookmoviefree new movies onlinecinezonewatch free moviesthe flixerwatch movies online freetheflixertvfree anime onlineflixflarefree watch movieszorotowatch free movies onlinetheflixertv shows onlinezorotofree online moviesthe flixerfree watch animetv shows to watchanixwatch movies for freefree anime onlinetheflixercinezonesflixwatch animethe flixerfree movies streaminganitakufree anime onlineflixhivefree animeflixhivewatch anime onlineanitakuwatch anime

2022最新!Microsoft Office for Mac 2021の選び方

どもNamiです。

Macでも文章作成アプリといえば、Microsoft Officeが代表といえます。

今日は、2022年10月現在、最新のMicrosoft Office for Mac 2021の選び方を紹介します。

mac office2021

今新機能について簡単に解説するほか、バージョンが複数あるため、Mac用オフィスの「最も安く、適切な購入法」について紹介します。

新しいOffice2021の特徴

はじめに、過去バージョンやWindows版から更新する方のために、Office 2021の気になる部分について、4点をまとめておきたいと思います。

1・過去バージョンとの互換性

第1に、ソフトの互換性です。

2世代前のOffice2016ほか、過去バージョンでは、永続版の発売初期に、Windows版との互換性についての問題が多くでました。

しかし、Office2019以降は、定期更新する「Office365」でなした改良をフォローするだけになりました。

結果、互換性の部分で、問題はありません

Windows版Officeとも、レイアウトを含めて互換性が強化されているので、OSの違いに由来する、レイアウト崩れなどの心配も「無用」です。

結論的にいえば、互換性については、心配は不要です。

ただし、皆さんの利用しているMacOSが古い場合は、注意が必要です。

Office2021は、2018年登場のMac OS X 10.14 mojave以降のみインストール可能な仕様だからです。

加えて、同社はセキュリティアップデートの提供を過去3年分のOSに限定しています。

したがって、Mac OS X 10.14のフォローは2021年末まです。続く、Mac OS X 10.15は、2022年までフォローということになります。

つまり、使えるけど「セキュリティは自己責任」で、ということです。

2・追加された新機能

第2に、追加された新機能についてです。

2019年登場のOffice2019と較べると、マイナーながら「進化」した部分はあります。

目立つのは、One Driveを利用しての書類の共有(共同編集)にかかわる部分です。

この3年間で、同じドキュメントを、同僚などと共時的に編集することができるようになりました。

目立つ部分としては、そのほか、例えば、エクセルにおける新しい関数(XLOOKUP・LET・XMATCH)の採用、WordPowerPointにおける手描き風文字効果の充実などが挙げられるでしょう。

逆に(言われないと)気づかない部分については、各ソフトの処理速度の向上があげられます。

特に、エクセルで処理が重たくなりがちIF関数については、処理速度が相当上がっています。

同じように、画像などで大きいサイズのWordファイルPowerPointファイルの処理速度も、原理的に上がります。

速度面の改善は、M1プロセッサ時代になり、Mac OS側の環境が変わったからという部分もありそうです。

なお、Office2021は、(仮想環境を使わずとも)新Macに搭載される、M1プロセッサネイティブで対応するため、これまでのインテル系CPU機同様に、処理は快速です。

あとは、「日本語新フォント」でも付けば、個人的には言うことなしですが、それは「なし」でした。

結論的にいえば、今回の改編は、3年間の改良分のアップデートというレベルです。しかし、細かい所では便利な進化を研げているとも言えます。

Mac用Office 2021のラインナップ

Microsoft 社がMacをはじめ、すべてのデバイスに使えるMicrosoft 365(Office 365)サブスクリプション版とMac対応するOffice 2021永続ライセンス版の2種類を提供しています。

どれを購入してもMacにWord、Excelなどを使用することができます。

でも実は、Mac対応したWord、Excelなどを使うための機能や料金は、選択する種類によって全然違うってご存じでしたか?

以下の表では、Mac用Office 2021とMicrosoft 365(Office 365)の違いをメリット、デメリットに分けて紹介しています。

Mac Office 2021Microsoft 365 Personal
メリット.永続ライセンスなので追加料金が発生しない常に最新版の Office が使える全ての Office アプリが利用できるOneDrive が 1TB 、毎月60分間ぶんのSkype通話が無料になるマルチデバイスで無制限インストールできる(同時利用5台まで)
デメリット.バージョンアップできないOffice 2021のまま
.OneDrive の 1TB 、毎月60分間ぶんのSkypeが付いていない
.2台のMacのみインストールできる
毎月または毎月追加料金が発生する

Mac で使える Office のまとめ

最近のMac対応Officeであれば、Microsoft 365 Personalが機能面で優れていますが、そんなのあんまり関係ありません。

だってそのMicrosoft 365 Personalは永続ライセンスじゃないから。

永続ライセンスのMac Office 2021を選択する理由を完全に主観で述べてみます。

Mac Office 2021ということ

永続ライセンスのMac対応のOffice 2021はMicrosoft 365 Personalには無い、唯一無二のものがあります。

それは永続ライセンスのMac Office 2021が追加料金が発生しないということ。

それに対し、Microsoft 365 Personalは、サブスクリプション版であり、Officeを使い続けると費用が高くなる。

Macで使うOffice の機能と価格比較

Mac で使えるOffice の価格は、

  • 「Home & Student 2021 for Mac 」が26,184円
  • 「Office Home & Business 2021」が38,284円
  • 「Microsoft 365 Personal」が月額1,284円 、年間費用は12,984円

(いずれも税込み)。

Microsoft 365 Personalは、サブスクリプション版であり、1ヶ月または1年間の料金をお支払うことでOfficeを使い続ける。それに対し、Mac Office 2021は、永続ライセンスであり、最初にライセンス使用料を払うと購入後は無期限で利用できる。追加料金発生しないのはメリットです。 

Microsoft 365 Personalの月額料金は¥1,284 (税込)、年間費用は¥12,984/年 (税込)。

その5年間でかかる費用とMac Office 2021永続ライセンスの価格を比較してみます。

Microsoft 365 PersonalHome & Student 2021 for MacOffice Home&Business 2021
1年目12,984円26,184円38,284円
2年目25,968円
3年目38,952円
4年目51,936円
5年目64,920円
アプリWord
Excel
PowerPoint
Outlook
Publisher(Windowsのみ)
Access(Windowsのみ)
Word 2021
Excel 2021
PowerPoint 2021
Word 2021
Excel 2021
PowerPoint 2021
Outlook 2021
台数インストール無制限
(同時利用5台まで)
Windows/Mac
2台2台

Microsoft 365 Personal

Microsoft 365 Personal の費用ですが、1年目は12,984円かかり、3年間使うと合計38,952円かかります。

Microsoft 365 Personalの特徴は、以下の通りです。

  • 常に最新バージョンのOfficeを利用できる
  • すべてのOfficeアプリを使える(Publisher・AccessはWindows のみ)
  • テクニカルサポートがある
  • OneDrive 1 TB 無料
  • Skype 60分 無料通話
  • WindowsやMacなど、複数台にインストール・利用が可能

Home & Student 2021 for Mac 

Macのみ対応したOffice 2021永続ライセンス。

【オンラインコード版(永続版)】

【Mac2台で利用可】

価格は26,184円でWord 2021、Excel 2021のうえPowerPoint 2021も付いています。

MacだけでOfficeが必要な場合おすすめです。

Office Home&Business 2021

上記の2種類の製品がどれもあてはまらず、Mac でOffice 2021を購入する方は、Office Home&Business 2021永続ライセンスを購入しましょう。

【オンラインコード版(永続版)】

【Mac2台で利用可】

買い切り型のOffice Home&Business 2021 は、 2 台の Windows 10/Mac 向けの 1 回限りの購入で永続ライセンス版。Word 2021、Excel 2021、PowerPoint 2021のうえOutlook 2021も付いています。

Office for Mac 2021はこのように買えばお得!

僕がOffice Home & Business 2021を選ぶ理由。

「Office Home & Business 2021」はMac 2台でインストールできます。

ぼくは MacでWord 2021、Excel 2021、PowerPoint 2021、Outlook 2021を使えば十分 。

常に最新のOfficeを使える、Android・iOS対応、オンラインストレージ「OneDrive」の容量が1TB、Skypeなどを利用する必要がありません。

さらに、AccessやPublisherもMacで使えない。

Office 2021のプロダクトキーのみを購入する

結局のところ、Officeってプロダクトキーさえ手にいれば使えちゃうんですよね。だから Office 2021 のプロダクトキーのみを購入すれば良いんです!

Office 2021を安く購入したい方は、オンライン ストアでプロダクトキーを買ったほうがお得ですよ。

購入したらメールでプロダクトキーが送られてくるので、それを使ってMicrosoft 公式サイトからダウンロードしてインストールするだけ Office 2021を使うことができます。

[quads id=2]

インストール方法については、「Office Mac インストール は超簡単!公式サイトからダウンロードできる!」をご参照ください。

という考えに至り、ぼくは価格と必要性の2点を鑑みてOffice Home & Business 2021を選んだというわけです。

最後に

やっぱり、常に最新版Officeを使いたい方にとっては、 Microsoft 365 Personal は最適ということ。

Mac Office を長年使うユーザーにとっては、やっぱり永続ライセンスのOffice Mac 2021の方がお得でしょう!

学生の場合は、Microsoft Officeを無料または安く購入できます。例えば、Office Academic 2021 for Mac は学生、教育員向け製品です。値段は、16,800円でとてもお得です。Word 2021、Excel 2021、PowerPoint 2021、Outlook 2021を使用制限なく使えます。