free watch moviescinezonewatch movies online freeanitakufree watch animefree movie onlinelookmoviefree anime streamingzoroxflixflaretv shows to watchflixflarewatch movies free onlinemyflixermovies free onlinelookmoviewatch movies freezorotofree watch animezorotofree anime streamingflixflaremovies to watchwatch movies online for freeanitakuwatch free moviessflixwatch movies online for freecinezoneflixflarewatch movies online for freefree movies streamingflixflarewatch movies onlinesflixfree movies online sitelookmoviefree tv shows streaminganitakuwatch movies freesflix tvwatch free movies

Office 2019とMicrosoft 365違い何ですか?どちらを選ぶべきです?

2022年4月12日

「Office 2019」と「Microsoft 365 Apps」(旧「Office 365 Pro Plus」)は、どちらも「Office」のバージョンですが、その違いを覚えておきましょう。

Office 2019

Microsoft Office 2019

Office 2019はOfficeのネイティブ版であり、非常に明確なサポートモデルを備えているが、ここでは前述の通り終了する。Office 2019の機能は設定されています——パッケージの中身が表示されますが、それ以外は何もありません。メリットは、一度お金を払って所有するだけですが、新しいバージョンをリリースする場合は、新しいバージョンにお金を払う必要があります。なお、「Office 365」のプラットフォーム機能(Microsoft Teams通話など)は含まれておらず、どのようにして「Office 365」のライセンスを取得するか、または購入するかによって、バージョンを変更して利用する必要があります。

Microsoft 365 Apps

Microsoft 365 Apps(以前はOffice Pro Plus)は、クラウド対応のOfficeバージョンです。サポートされているWindows 10またはmacOSのバージョンを使用している限り、このバージョンのサポートは終了しません。機能セットとアプリケーションリストはネイティブバージョンに比べて印象的ですがTeams、Stream、Formsなどのオンライン対応アプリケーションや、AIによるPowerPointスライドのレイアウト提案やプレゼンテーション中の自動言語翻訳などのクラウド対応機能が、Office 365プラットフォームの成熟とともに追加されています。「Office 365」のロードマップには、開発中の機能とリリース予定が記載されており、顧客はいつまでに何が期待できるかを知ることができます。

Microsoft 365アプリケーションのコスト範囲は、アプリケーション自体の独自の月次コストから、ビジネス、企業、教育、または政府のより大きなバンドルパッケージの一部まで多岐にわたります。ほとんどの企業では、これらは生産性ソリューション全体のコストの一部として束ねられているだけです。

どちらを選ぶべきです?

Officeをオフラインで利用する場合、予測可能な一時的な資本支出コスト(1回分の支払い)を探すか、Microsoftのオンラインエコシステムに投資していない場合は、Office 2019を独立して購入することに意味があるかもしれません。しかし、クラウドサービスによって継続的にアップデートされ、有効化されているOffice内の現在の機能セットを探しているのであれば、Microsoft 365(月払いまたは年払い)のほうが合理的です。