Windows11に対応したOfficeのバージョン(2016・2013は使える?)

マイクロソフトの最新OSでWindows 10の後継となる「Windows11」が2021年10月5日にリリースされました。リリース後は段階的にWindows 10を搭載したPCを対象とした無償アップグレードが実施されるほか、Windows 11が搭載されたPCも購入可能になります。

Windows11ではOfficeの全バージョンが使えるのでしょか?

こんな人に向けての記事です。

  • 昔のOfficeはWindows11に対応している?
  • Office2016はWindows11に対応している?
  • Office2010、Office2013はWindows11に対応している?

今回は、Windows11で使えるOfficeのバージョンを紹介します!

Windows11対応のOfficeは?

Windows 11 Home 日本語版|ダウンロード版

それではさっそく、Windows11で使えるOfficeのバージョンを見ていきましょう!

● Windows11対応Officeのバージョン

  • Microsoft 365(現在の最新バージョン)
  • Office 2021(現在の最新バージョン)
  • Office 2019
  • Office 2016

Windows11に対応しているのは、Office2016以降のOfficeです。最新のOffice2021、Microsoft365はもちろんのこと、Office2016、Office2019にも対応しています。

Office2016・Office2019はWindows11登場以前のOfficeですが、正式にWindows11に対応しています。

Microsoft 365 Family (最新1 年)サブスクリプション版 (Win/Mac/iPad )日本語

Office2013以前は対応していない

Windows11ではOffice2013以前は対応していません。この場合、最新のOffice2021にアップグレードするか新規購入するかのどちらかになります。

Office2013のサポート期限は2023年なので、Windows11では使えない上にサポート期限も残りわずかなので、使い続ける選択肢はありませんね。

以上、Windows11で使えるOfficeのバージョンでした。

Microsoft Office 2021 Pro plus